HI FIVEは障害の有無に関わらない、ボーダレスなコミュニケーションの実現を目指します

RSS





■人生はきっと私たちが思う以上に素晴らしい。

「国語の勉強したい。」

ネパールの学生さんから投げかけてもらった質問。
彼は答えているうちに、気がついた。

大阪健康福祉短期大学介護福祉士学科
2020年度セレクトマネージャーの皆さんとの正課外授業。

国語=語彙を増やす。

自分のことを、自分の言葉で伝えたい。

最先端の支援機器じゃなくて、
どうしても自分の言葉で、声で話がしたい。

どこからやってきたのか分からないけれど、
彼のその強い「こだわり」という名の頑なさを

なんかおもろいやん!
やってみようや!実現しようや!

そう手を挙げてくれた学生の皆さん(セレクトマネージャー)と気がつけば月に2回、一回2時間。正課外の時間に集まっている。

目標は
✔︎ビジネスシーンで自分のことを自分の言葉で伝えられるようにする。

すでに5回目となった今回のセレクトマネージャーの皆さんとの語彙力を高める時間。

何度かの経験を経て、さてと気がついた。

『そう言えば、亮さんってさ
質問を受けることはあっても、質問することってないよね。』

そう。
それだ!!

質問から人と人のコミュニケーションは深まる。
だが彼は質問をしたことがない。

いや、もしかしたら幼い頃はしていたかもしれないが
彼の言葉を誰も聞き取れなかったし、

それによって彼は質問も、
言葉すらほぼほぼ最低限しか発信しなくなったし、

それによって語彙数はほとんど増えなかったし、

それによってそもそも質問ってどうするんやったっけ。
となったのではないか、と推測された。

いつも会話は一方通行。

りんごは好きですか。
→はい、好きです。…………

終わりかーい!!!!!!
会話が続かない。

かと言って
「質問してください」と言われても、
質問ってどうすればいいのか分からないから黙ってしまう。

よーし、まずは質問やな!

という事でいざ実戦。

すると、、、
あれよあれよという間に程度だが会話らしいものが成立することが増えてきた。

すごいなぁ。
質問し合うってめっちゃ大事やなぁ。

学生の皆さんも、
・この時間めっちゃ勉強になる。
・こんなん言ったらあかんかもですけど、亮先生の成長がほんまに目に見えて分かるから楽しいです。
・もっともっとこれ突き詰めたい。

そんな新しいチャレンジを
介護福祉学科の皆さんと絶賛取り組み中です。

2年経つとこの授業ってきっとなくて、
(だってもうきっとこの課題はその時はクリアになってるはず)
その時はその時の課題があって、
だからきっとこれって、
今だからこそできる学びであり、授業の内容なんだと思う。

「イキプロ。」=生きる教科書プロジェクト

まさに、今日を生きている彼の「今」が教科書として
介護を学ぶ学生の皆さんの実践的学びとなってお役に立てること。

同時に彼が確実に成長し発展していること。

もうこれはある意味凄いことなのかもしれない。

生きていること。

それだけでもしかしたら私たちはみんな
誰かの役に
知らず知らずのうちでも立っているのかもしれない。

LIFE IS BEAUTIFUL

それに気づくかどうかはきっと自分次第。
でも思う。

人生は本当に素晴らしい!!!

今を胸張って生きよう!!!

一般社団法人HI FIVE
畠山織恵

2020-12-03 09:51:01






甲南学園甲南高等学校二年生の皆さまへ「キャリア教育オンライン講演」をお届けさせて頂きました。



去る728日。

甲南学園甲南高等学校二年生の皆様へ『起業』をテーマにしたキャリア教育オンライン講演


題名

「違う」を「価値」に変えてみてん!-君だって社長になれる!-


をお届けさせて頂きました。


偶然私共HI FIVEYouTube「僕だけにできること」

https://youtu.be/lu99TmW7F0c

を見てくださった、甲南学園キャリア教育研究チーム花野先生より直々にご依頼を頂き実現した、とても嬉しい機会でもありました。


なんのために働くのか。

働くとは?生きるとは?一体どうゆう事なんだろうか。


彼が高校在学中に『起業』するに至ったターニングポイントや、様々なチャレンジなど、クイズを織り交ぜながら楽しくお話しさせて頂きました。


学生の皆さんも驚くほど積極的に手を挙げて参加してくださり、とっても盛り上がりました!


それぞれの学生さんが持つ『人との違い』


それらをポジティブに振り返り見つめ直す機会になればと思いましたが、


後日受講頂いた2年生の皆さんからこんなにも素敵な感想文が届きました!!


どのメッセージも皆さん丁寧に書いてくれていて、すごく嬉しくて、全部3回ずつ読みました!!


・自分も可能性が満ち溢れていると思えた。

・本当の自分を見つけたい。

・自分に自信が持てた。


そんな風に思ってもらえて、本当に嬉しいし、本当に良かったです!


今度は画面から飛び出して、直接会えたら良いねと2人で話しております。


花野先生、素晴らしい機会を頂き本当にありがとうございました!!!


…………

甲南学園甲南高等学校ホームページ

http://www.konan.ed.jp/













2020-08-18 16:01:02






■大学での対面授業が再開しました!

4月にお会いする予定だった大阪健康福祉短期大学介護福祉学科一年生の皆さん20名と6月、ついに初対面が叶いました。

今年度はネパールやフィリピンからの学生さんも交えた、国際色豊かな授業にちょっと僕もドキドキです。


そんな中、
初めてのフェイスシールドデビューも果たし、
→僕の場合顔中に熱がこもりすぎて勝手に1人サウナになり、
→ビニールシートも準備してくださっていたので、フェイスシールドは途中離脱しつつも

授業はあらかじめ学生の皆さんがグループで纏めておいてくださった様々な質問にお答えする形で進みました。

初めは久しぶりの授業ということもあって緊張した表情だった学生さんも(僕も!)、90分後はお互いに伝え合うことが出来て、笑顔いっぱいに終える事ができました。

7月の授業では「介護におけるコミュニケーション」を体験によって学ぶ対面授業を一年生に二回行わせて頂きました。

-目的-
実習を想定し、障害当事者である講師と一対一で対面してコミュニケーションを図る。
自分自身も非言語も含めたコミュニケーションの特性について、体験によって知る機会とする。

ここではグループではなく、
1人3分✖️20名の学生さんと一対一でお話しをします。

質問してくれる人。
質問してください、と投げかけてくれる人。
ジェスチャークイズやスリーヒントクイズを出してくれる人。

困る人。
固まる人。

3分は長いと感じる人。
3分は短いと感じる人。

色んな言語、いろんな表情。

僕の言葉に、目で、耳で、身体で聞き取ろうとしてくれる学生の皆さんとの会話の時間。

介護におけるコミュニケーションの体験。

僕は改めて、人と人が分かり合うのに、言葉や文化の違いなんてなんの問題でもなくて、「分かり合いたい」というお互いのあきらめない強い気持ちさえあればきっと分かり合うことができることを感じました。

この時間が皆さんの将来に少しでも役に立てたら嬉しいなぁ。

何よりも通じ合えたときのみんなの笑顔がめちゃくちゃ眩しくて、僕も最高に嬉しかった!!!

オンラインもいいけど、
直接会って、顔を見て、お互いに感じ会える対面がボクはやっぱり、好きやなぁ!!!







2020-08-18 12:08:02



■さつきの小学校6年生の皆さんと『キャリア教育』&『 sdgsピンバッチ』良い話じゃなくて楽しい話を聞きたいもんな!

1月24日金曜日
昨年に引き続き、大阪堺市立さつき野小学校6年生の皆さんとキャリア教育出前授業をお届けさせて頂きました。

『子どもたち自らの可能性を広げ、
失敗を恐れずチャレンジする事が、なりたい自分を叶えるために大切である事を学ぶ。』ー授業の意図よりー


授業当日に向けて、テレビ放送されたものを事前授業として取り入れてくださり、そこから感じられた沢山の質問も纏め届けて頂きました。


頂いた質問を織り交ぜながら授業スタート!

私たちが大切にしているのは「オモシロイ」事です。

だって「良い話」より、「楽しい話」の方が集中できるし、自分も参加したい!って思えるじゃないですか!

初めは
緊張していたみなさんもだんだん笑顔や笑い声も聞こえてきて、どんどん積極的に声をあげたり意見を聞かせてくれるようになってきましたよー!

おや!
私たちの話を聞き逃すまいと、メモを取りながら参加してくださる生徒さん。

亮さんが力んで音が乗りきれなかった言葉もすぐに拾って
「ありがとうってゆってるで!」

クラスメイトに伝えてくれる生徒さんまで!!

輪の中には入り切れないけれど、
授業が終わってもその場を離れようとしない生徒さんもいらっしゃいました。

授業後に駆け寄って来てくれて
「めっちゃ楽しかったよー!」
「盛り上がったなー!」

そんな嬉しい感想を直接届けてくれる生徒さん。

更に嬉しかったのは
私たち2人がいつも胸につけている
少し小さめでおしゃれなsdgsピンバッチに猛烈に興味を持ってくだった学生さんも数人いらっしゃった事でした。

「これはなんですか?」

「sdgsってゆってね、世界が相談して世界を変える17の目標を決めてん。

この17色はそれを一つ一つ示していてな、
私たちもその活動に参加してますってゆうバッチやねん。」

少し込み入った話にも目を輝かせて
「それはすごいですね!」
と興味を持たれた生徒の皆さんの様子に、

日本にもこんなにも素晴らしい未来の担い手が沢山いるんだなぁって。

一つのピンバッチから世界へと目を向けるきっかけになったのであればとても嬉しく思います。

今回の時間が、
少しでもさつき野小学校6年生の皆さんの未来へ。
そして何か立ち止まってしまった時の一歩踏み出す勇気へ。
自分らしく生き進める選択へと繋がってくれることを心から願っております。

素晴らしい機会を頂きましたさつき野小学校さま。

そしてこの場の実現のためご尽力頂きました山﨑 彩先生はじめ、全ての関係者の皆様、本当にありがとうございました!!

心から感謝を込めて。。。

畠山織恵
………
※キャリア教育とは(小学校)
◆自己及び他者への積極的関心の形成・発展 
◆身のまわりの仕事や環境への関心・意欲の向上 
◆夢や希望、憧れる自己イメージの獲得 
◆勤労を重んじ目標に向かって努力する態度の育成
(教育委員会ホームページより抜粋)


2020-01-28 21:15:02




■『SAグループ新年発起大会』で登壇させて頂きました!!

大阪南港に本社構える運送会社SAグループ様。

「お客様第一主義」を掲げられ、様々な提案やサービス品質の向上に努められておられるSAグループ様。
そして、それを実現されておられるのは100名を超える現場スタッフの皆さんによる「圧倒的な現場力」

40年に渡り培われた輸送ノウハウを活かし「安全は勿論、継続的な改善を行い、正確かつ丁寧に、物流サービスを提供」されておられる素晴らしい企業様です。

そんなSAグループさまの貴重な『2020年SAグループ新年発起大会』の場において、1月登壇させて頂くこととなりました。

会場には運輸関係に携わるカッコいい男性が100人近くいらっしゃり、実はちょっと緊張した私たちでしたが、

『生きることは働くこと-トライ&チャレンジ-』
を60分心を込めてお話しさせて頂きました。

登壇後。。。

皆さんが私たちのもとに
わーっ!と来てくださって、
いっぱい息子に触れて、中に中には涙を流してくださった方もいて。。

本当に温かい方ばかりで、
こんな皆様に出会わせていただけた事
私たちの宝物です!


素晴らしい機会を頂き、本当にありがとうございました。

今回の時間がSAグループ様の今年一年の輝きにおいて少しでもお役に立てば嬉くおもいます。

SAグループ様ホームページ


2020-01-21 09:06:02

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ