HI FIVEは障害の有無に関わらない、ボーダレスなコミュニケーションの実現を目指します

HI FIVEのミッション
ミッション
障害のあるなしに関わらず、双方向のコミュニケーションを可能であり、それが当たり前と感 じる社会の実現。
ボーダレスなコミュニケーションの実現を目指して、私たちが取り組んでいること
対企業『自ら気付き行動へ移す研修・講演』
  1. 働く意味や目的に気付く
  2. 失敗を恐れずチャレンジする一歩を踏み出す
  3. 想像力・発想の転換
  4. コミュニケーションの本質に気付く
  5. 「常識」や「当たり前」を超えた新しい視点に気付く
対各種教育機関『教えない教育学』
  1. 生きること、働くことへの意欲
  2. コミュニケーションの本質を理解する
  3. 人との違い=『長所』である事に気付き自己肯定感が上がる
  4. 安心して失敗できる場(実習)の実現
  5. 障がい当事者との継続的な関係性の構築
対障がい児とその家族
『どの子にもチャレンジできる環境を』
  1. 親や大人は環境の一つである
  2. 子どもの可能性をとにかく信じ切る
  3. 最高の療育とは、親や大人の前向きな言葉である
  4. できない事を伸ばすのではなく、『出来ること』『得意なこと』『好きなこと』を見つけ、伸ばす
  5. 子どもを守るということは、子どもが傷つかない道を用意することではなく、子どもが自分で選択し、経験しようとするその気持ちを守るということ